カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

樺細工 伝統工芸士 鈴木保作 総皮抹茶入(上)チラシ 桐箱入

樺細工の特徴が生かされた細やかな仕上がりです。 直径62×H72mm 約60g
c80847 総皮抹茶入(上)チラシ 桐箱入 作者:伝統工芸士名付き
平成19年現代の名工に選ばれた職人:藤村志登磨さんの弟子:伝統工芸士の鈴木保さんの手作りです。

樺細工の表面がつやつやしたc80846 総皮抹茶入(上)ミガキ 桐箱入もございます。

樺細工 伝統工芸士 鈴木保作 総皮抹茶入(上)チラシ 桐箱入

価格:

14,040円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品・交換についての詳細はこちら
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

c80847-04
総皮抹茶入 チラシ 細やかな仕上がりでこの価格のモノです。この小さななつめに込められた伝統的工法は薄い板が何枚も重ねられています。其の内側と外側に山桜の皮が磨かれて狂いなく仕上げられています。元丸屋で御用意しました『c80847 総皮抹茶入 チラシ』は細かな所にも細工がなされているのですが、目立たないので、写真では蓋の部分をあけています。この細かな細い面も皮なんです。

ところで、よく聞かれるのですが、これに内蓋が付いてると緑茶を入れて置くのに良いのでは、って話です。私もそう思い聞いてみましたら、ナツメは茶道の道具。茶道は手順が決まっているのでフタが増えると動作が変わって仕舞うので、フタは無いのだそうです。
勿論、元丸屋の商品は生涯おつき合い。修理も致します。  直径62×H72mm

c80847-02

日本の武家の町のひとつ、秋田の小京都角館で職人さんが武士的生き方で伝えられた樺細工の造りをお楽しみ下さい。 元丸屋の商品は生涯おつき合い。修理も致します。
c80847-03

c80910総皮茶筒(立張)ミガキ 桐箱入りと並べてみました。大きさやミガキとチラシの違いをご理解下さい。
お取り扱いや手入れの仕方に違いは無いようです。柔らかいネルのような布で拭いてホコリ取や手で撫でて手の油で磨くような手入れで何十年とお使い頂けます。


昭和9年生まれの樺細工の現代の名工;藤村志登磨さんの茶筒が入荷しました。

c80900 総皮茶筒(横張)無地 桐箱入17,280円
c80910 総皮茶筒(立張)ミガキ 桐箱入19,440円
c80919 総皮茶筒 タテ張 チラシ 桐箱入20,520円

日本の武家の町のひとつ、秋田の小京都角館で職人さんが武士的生き方で伝えられた樺細工の造りをお楽しみ下さい。元丸屋の商品は生涯おつき合い。修理も致します。

akio00-04
写真の茶筒は、現代の名工の経徳明夫さんのakio01・akio02とakio03のひび皮です。
akio01総皮茶筒 タテ張ミガキ 桐箱入 \36,750(税込み)
akio02総皮茶筒 タテ張ひび皮 桐箱入 \42,000(税込み)
akio03総皮茶筒 長小立張ひび皮 桐箱入 \31,500(税込み)
akio04総皮茶筒 煉瓦模様(曙) 桐箱入 \178,500(税込)
akio05総皮抹茶入れ 「中次チラシ皮張り(風)」 桐箱入 \63,000(税込)

ページトップへ